「バトン」とやらをやってみました。

生まれて初めて、バトンというものにチャレンジしてしまいました。いつも春原さんからバトンを回されていたのですが、僕はあんまりそういうのに積極的ではないもので。
ただ、今回のはなかなか面白そうだったので、受けさせていただきました。部活で芸を考えなければならないこともしばしばですが、今回もそのノリで行きました。具体的には、「スピードワゴン」の「甘い言葉」のネタを使ってみました。30分ほどで10個も考えなければならなかったので、かなり無理やりなネタも入ってしまいましたが、テストの息抜きとして遊ばせてもらいました。
九州壇氏はいつもクソ真面目なことばかり書いている気がしますが、実は単なる馬鹿です。その馬鹿さをこのブログに出すのは初めてですが、もし必要以上に過大評価されるようなことがあったら困りますので、今回は思いっきり「馬鹿」にならせていただきました。
「九州壇氏って、ホント頭悪いな。」
と思いながら苦笑してくださったら幸いです。
井戸田のように「あまーーい!」と言っていただけたらこれ以上の幸せはありません。もし笑えなかったら「これで笑ってもらえるという考えが甘い。」と突っ込んでくださいw
前置きが長くてすみません。では、どうぞ。

恥を捨てろ 考えるなバトン

【注意】
これは常人には精神ダメージがかなり大きいバトンです。
見る時は5回ほど深呼吸をし、覚悟を決めてから見てください。
以下のキーワードを絡める(もしくは連想させる)口説き台詞を自分で考え、悶えながら回答して下さい。
答える生け贄もとい勇気ある人々にこの言葉を送ります。
【恥を捨てろ、考えるな】
*リアルで言ったら変人扱いされるようなキザ台詞推奨

■キーワード1「雪」
「雪のせいで歩きにくいね。」
「ああ、滑らないように気をつけろよ。」
「もう。これだから雪の日って嫌いよ。」
「そう?僕は嫌いじゃないんだけど。」
「なんでよ!歩きにくいじゃない!」
「だって、こうして君とゆっくり歩けるじゃないか。」

■キーワード2「月」
「見て、満月だよ!」
「ああ、綺麗だな。」
「ねえ、知ってる?月って太陽の光が反射して光ってるんだって。なんだか不思議じゃない?」
「なんだ。そんなの、全然珍しくないよ。」
「なによ、馬鹿にして。」
「だって、この世界もそうじゃないか。」
「え?」
「この世界も、君がいなければこんなにも輝いてやしないよ。」

■キーワード3「花」
「すごーい!一面コスモスだよ!」
「そうだね。」
「私、今日あなたとここに来たことを、一生忘れないな。」
「そう?僕は忘れちゃいそうだな。」
「ひどい!なんでそんなこと言うのよ。」
「だって仕方がないだろ?こんなの、珍しくもなんともない。
世界で一番美しい花が、いつも隣にいてくれるんだから。」

■キーワード4「鳥」
「ね、私って鳥に例えたら何かな?」
「君?君はカッコウかな。」
「カッコウ?確かに綺麗な鳥だけど。
知ってる?カッコウって他の鳥の巣に卵を産んで育てさせるのよ。」
「ああ、知ってるよ。」
「なによそれ。私が性格悪いって言いたいの?」
「だってそうだろ?僕の心の中に突然入り込んできて大きくなって。
まあ、僕は喜んでそれを育てるけどね。」

■キーワード5「風」
「今日は風が強いね。髪がバラバラになっちゃって嫌だな。」
「僕は、風の強い日に君と歩くの、好きなんだけどな。」
「どうしてよ?」
「だって、君が髪をかきあげる仕草を何度も見れるじゃないか。」

■キーワード6「無」
「無い!無い!」
「どうしたの?何を探しているの?」
「どんなに探しても、見つけられないんだ。」
「何を探してるのよ。」
「君なしでも生きていける方法。
僕はもう、君なしじゃ生きていけないよ!」

■キーワード7「光」
「あ、向日葵だ。」
「本当だ。でかい花だね。」
「ねえ、知ってる?向日葵の花って、いつも太陽の光の方を向いてるのよ。」
「そうか。こいつも僕と一緒だな。」
「え?」
「僕も、君という光の方を向かずにはいられないんだ。」

■キーワード8「水」
「プールに来たはいいけど、私泳ぐの下手なんだ。」
「大丈夫。十分、泳げてるよ。」
「もう、泳げるあなたが羨ましいな。」
「そんなことはないさ。僕はいつも溺れてるよ。」
「なによ、それだけ泳げておいて。私に対する皮肉?」
「君という海に、僕はいつだって溺れているんだ。
もちろん、そのまま沈んでしまっても構わないんだけどね。」

■キーワード9「火」
「ああ、また失敗。」
「どうしたんだ?」
「マッチに火をつけるのが上手くいかないの。
あ、また折れた。」
「ハハ、本当に下手だな。
僕の心を燃え上がらせるのは上手いくせに。」

■キーワード10「時」
「お誕生日、おめでとう。」
「ありがとう。嬉しい。」
「今日は、何時まで一緒にいられるんだ?」
「終電の時間があるから・・・それまでかな?」
「そっか・・・。
あ、そうだ。プレゼントがあるんだ。」
「え?本当。」
「ああ、受け取ってほしい。」
「すごい、時計だ!」
「つけてみてよ。」
「うん、ありがとう!かわいいな。
あれ?ちょっと、この時計、止まってるよ?」
「ああ、電池を抜いてあるからね。」
「もう、何でそんな意地悪するのよ。」
「これでもう、終電の時間は来ない。
今夜は、いつまでも一緒にいてくれないか?」

■このバトンを回す生け贄5人
すみません、パスで。
興味をもった方は勝手にどうぞ。



全体的に、長すぎるのが多いですねw個人的には、「火」、「無」が馬鹿馬鹿しすぎて気に入っているのですがどうでしょう?如何せん試験期間中なもので、じっくりとは考えられませんでしたので、「風」なんかは意味不明になってしまいましたw申し訳ない。
まあ、僕としてはなかなか楽しむことができました。春原さん、気分転換の機会を与えてくれて、ありがとうございました。
さて、明日からも試験に向けて頑張りますかね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

春原遼
2008年09月21日 13:26
あまーーーいッ!!試験期間中にすみません、答えてくださってありがとうございます!
さすが九州壇氏さん、甘いです。個人的に雪と無と光と水が好きです♪
試験、頑張ってくださいねo(^-^)o
九州壇氏
2008年09月22日 07:35
コメントありがとうございます!
はずかしがらずに真面目に考えなければならないとも思いましたが、ネタに走ってしまいましたwせっかく回していただいたのに申し訳ないですw
春原さんのほうがより実用的で完成度が高いように思います。特に、「雪」と「風」は唸らされましたし、実際に使ってみたいと感じましたよw
試験の話ばかりしてしまい、すみません。頑張ります!
桔梗
2008年09月22日 21:48
こんばんは。
横から失礼f^_^;
あ、ま~いぃぃぃい!!
特に「水」に過剰反応してしまった私。
十分甘かったです。
九州壇氏
2008年09月22日 23:11
桔梗さん、こんばんは!
単調な毎日に疲れて書いてしまった記事でしたが、こうして時間を置いてから冷静に見てみると、かなり思い切ったことをしてしまったなと恥ずかしくなってきましたwそれだけに、お世辞だとしても甘いと言っていただけるのは嬉しいですw
コメント、ありがとうございました!
桔梗
2008年09月24日 09:58
おはようございます。
いえ、お世辞なんかじゃないですよ。そう思ってたら、何も書き込まないでスルーです。
ニヤニヤしながら読みました!

試験は追試にならなければいいんですよ!私は学生時代三つほど落としてしまいましたが…( 一一)
適度に頑張って下さい。

九州壇氏
2008年09月25日 08:17
すみません、ありがとうございます。ニヤニヤしながら読んでいただけたというのは僕にはもったいないくらいの褒め言葉ですw

試験は追試にならなければよい、という言葉、とても嬉しいです。
というのも、その言葉は僕の信条でもあるからですw普段から真面目に勉強することが望ましいんでしょうが、それよりも「今しかできないこと」を重視したいという考えで自分を正当化し、結局試験中はかなり追い込まれているというわけですw
落ちないようにうまくやっていこうと思います。励ましの言葉、ありがとうございました!

この記事へのトラックバック