このブログについて

物語を愛し、自身でも物語の制作を行っている九州壇氏の個人ブログ。 メインコンテンツは以下の3つ。コメントはお気軽にどうぞ。 ・自作ノベルゲーム紹介  自身で制作したノベルゲームを紹介しています。 ・ノベルゲーム感想一覧  プレイしたノベルゲームの感想を書いています。 ・本、映画の感想一覧  購入した本や映画の感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノベルゲーム感想一覧

これまでに書いたノベルゲームの記事へのリンクをまとめたものです。 少しだけしか触れていない記事もリンクとして貼り付けました。 また、日記感覚で書いた個人的な感想ばかりです。 いわゆるレビューサイトのようなまとまりはありませんので、ご了承ください。 ネタバレも大いに含みます。気になる方はお戻りください。 ・8月7日の雨宿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(ネタバレ注意)「僕らのノベルゲーム」裏話 -谷口さんの好きな人について-

本日は、九州壇氏の最新作である「僕らのノベルゲーム」について少し語ってみようと思います。 とは言え、すでにあとがきも書いた後です。本来であれば、作者があまり多くを語るべきではないのでしょう。 が、今回は致し方がないと思っています。 「谷口さんって、結局誰が好きだったの?」 それが気になるというお声を、いくつも頂きました。…
コメント:0

続きを読むread more

(ネタバレ注意)ノベルゲーム「call calm trans」をプレイしました。

「呼び声のするトコロ」の吾妹木綿さんによるノベルゲーム「call calm trans」をプレイしました。選択肢はなく、クリアまでは1時間30分ほどでした。登場人物たちの優しい交流に、こちらまで優しい気持ちになれる。そんな作品でした。以下、ネタバレ注意です。 最初に言っておくと、僕はこのゲームの制作者で…
コメント:1

続きを読むread more

(ネタバレ注意)映画「危険なメソッド」を見ました。

映画「危険なメソッド」を見ましたので、その感想を述べていきたいと思います。 本作品は、心理学者ユングを主人公とした実話です。現在僕は精神分析について勉強中なのですが、その一環としてこの映画を見たのでした。ストーリーだけでなく、当時の生活の様子を垣間見ることが出来たところも面白かったです。 以下、ネタバレ注意。 …
コメント:0

続きを読むread more

「精神分析的心理療法の実践」を再読いたしました。

以前にも読んだ「精神分析的心理療法の実践」を再読いたしました。以前書いた感想はこちら。 今回は、学びの部分を列挙してみました。完全に自分用ですので、あしからず……。 ・どの心理療法でも共通して言えるのは、頭で理解するだけではダメで、体験的に理解しなければならないということ。 ・精神分析は、現実的なセラピストの人間的限界…
コメント:0

続きを読むread more

「ベイシック・フロイト 21世紀に活かす精神分析の思考」を読了いたしました。

本日は、読み終えた本についての感想を述べていきたいと思います。今回取り上げるのは、マイケルカーンさん著の「ベイシック・フロイト」です。 僕は先日ノベルゲームを完成させたのですが、その中でフロイトの夢分析について書きました。その時に精神分析について勉強しようと購入したのが、この本だったんですよね(笑) 総じて、非常に読みやすかった…
コメント:0

続きを読むread more

「ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。」を読了しました。

幡野広志さんの本「ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。」を読了しましたので感想を述べていきたいと思います。 僕が幡野さんのことを知ったのは、twitterがきっかけでした。幡野さんは「なんで僕に聞くんだろう。」というブログで、様々な方の人生相談に答えておられます。この内容を見て、僕は衝撃を受けたんですよね。文章を通して質問者の…
コメント:0

続きを読むread more

「僕らのノベルゲーム」あとがき。

先日、「僕らのノベルゲーム」を公開することができました。 3年もかけて作った作品ですので、今はとにかくほっとしています。 (ご興味ありましたら、ぜひこちらからプレイしてみてください) さて、本日は「僕らのノベルゲーム」のあとがきを書かせて頂こうと思います。以下、ネタバレ注意です。 <そもそも、どうして…
コメント:0

続きを読むread more

(ネタバレ注意)ノベルゲーム「Blue Horizon -Extra Story-」をプレイしました。

とんでもなく暑い日が続いていますね……。皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、うたかたの唄さんによるノベルゲーム「Blue Horizon -Extra Story-」をプレイさせていただきました。幼馴染3人との交流が楽しめる素敵な作品でした。 以下、ネタバレ注意。 本作品の魅力は、なんといっても3人の幼…
コメント:0

続きを読むread more

ティラノフェス2020感想まとめ

ティラノフェス2020に参加している作品で九州壇氏が読んだ作品を載せていきます。 現在の所、23作品を読了しています(2020年8月17日現在) 随時増えていく予定です。 なお、ティラノフェス2019感想まとめはこちらです。 ・1MINUTE IRREVERSIBLE(作者:柘榴雨さん) ・Kallipolis(作…
コメント:0

続きを読むread more

新作「僕らのノベルゲーム」が完成いたしました!

こちらで自分の創作のことを書くのは久しぶりですね……。 最近更新が滞りがちで申し訳ありません。 3年にわたり作り続けてきた「僕らのノベルゲーム」ですが、先日完成いたしました。 現在、ノベルゲームコレクション様にて公開中です。 (URL: https://novelgame.jp/games/show/3620) 過…
コメント:0

続きを読むread more

「溺れる脳 人はなぜ依存症になるのか」を読了しました。

本日はまた読書をしました。 ここ最近はゲーム制作から離れているので、色々な作品や本を読みたくなっているんですよね……! 本日読んだのは、M・クーハー氏著「溺れる脳 人はなぜ依存症になるのか」です。 本の詳細はこちら。 自分も脳の生理や形態変化を研究していることもあって、興味深く読むことができました。 本書はアルコールや…
コメント:0

続きを読むread more

「原稿用紙1枚の物語 20行目で「あっ!」とおどろく」を読了しました。

本日は、あいはらまひろさんの「原稿用紙1枚の物語 20行目で「あっ!」とおどろく」を読了いたしました。 題名の通り、1枚の原稿用紙に書かれた短い物語を集めた本です。 概要はこちらから。試し読みも少しできるようです。 僕は「どれも本当に原稿用紙1枚ぴったりだ……!」という感動とともに読ませていただきました。 以下、ネタバレ注意です…
コメント:0

続きを読むread more

ティラノフェス2019の終わりに。

こんにちは、九州壇氏です。 ティラノフェス2019、終わっちゃいましたね……。 今回プレイヤーとして楽しませて頂いていた僕は、寂しい気持ちでいっぱいです。 ティラノフェス2020があれば、また是非色々なゲームをプレイしたいです。 さて、今回僕がプレイした作品は全体の1/3ほどに過ぎません。 ただ、その中でも素晴らしいゲーム…
コメント:0

続きを読むread more

2020年の目標。

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。 制作者として、今年の目標を掲げておこうと思います。 ①「僕らのノベルゲーム」を2020年3月末までに完成させる。 ②合作「ショート100」の完成のために、できることをする。 ③新作の企画を練っていく。 ①、②は、もう散々言っていることですね(笑) 特に①は、なん…
コメント:0

続きを読むread more

2019年を振り返って

いよいよ今年も終わりますね。今回も例年通り、1年間の振り返りをしてみたいと思います。 今年は、創作活動にたくさん時間を使えた1年でした。と言いますのも、今年4月から別の仕事に変わったことで、生活にかなり余裕ができたんですよね。お給料だけでいれば昨年よりもけっこう増えているし、家族と過ごせる時間も増えたし、何より、精神的な余裕もある…
コメント:0

続きを読むread more

ティラノフェス2019感想まとめ

九州壇氏が読んで感想を書いた作品を載せておきます。 随時増えていく予定です。 現在の所、115作品を読了しています(2020年2月18日現在) ・↑(作者:都甲 石泥さん) ・5分で脳トレ! リフレッシュ・アハ体験(作者:冬紀さん) ・Are you ready?(作者:水瀬洸さん) ・BEAR(作者:shizukaさん) …
コメント:0

続きを読むread more

制作者である僕が、ブログで他者の作品の感想を書きにくいわけ。

本日は「制作者である僕は、どうして他者の作品の感想をブログに書きにくいのか」について、自分なりに考えたことを書いてみます。 僕はフリーゲームを制作しているのですが、感想をもらえるととても嬉しく感じます。 そのため、「感想は嬉しいものなんだから、自分も率先して他のフリーゲームの感想を書くようにしよう」と考えるようになり、このブログ…
コメント:0

続きを読むread more

「謝るなら、いつでもおいで」を読みました。

今回は、川名壮志さんの著書「謝るなら、いつでもおいで」の感想を書いていきます。 皆さんは、2004年に起きた佐世保小六女児同級生殺害事件をご存知でしょうか。当時小学6年生であった女児が、クラスメイトの女の子を学校で殺害したという事件です。 まだ小学生であった児童らに、一体何があったのか。 当時はかなり報道されていたことを僕もよ…
コメント:0

続きを読むread more