このブログについて

物語を愛し、自身でも物語の制作を行っている九州壇氏の個人ブログ。 メインコンテンツは以下の3つ。コメントはお気軽にどうぞ。 ・自作ノベルゲーム紹介  自身で制作したノベルゲームを紹介しています。 ・ノベルゲーム感想一覧  プレイしたノベルゲームの感想を書いています。 ・本、映画の感想一覧  購入した本や映画の感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノベルゲーム感想一覧

これまでに書いたノベルゲームの記事へのリンクをまとめたものです。 少しだけしか触れていない記事もリンクとして貼り付けました。 また、日記感覚で書いた個人的な感想ばかりです。 いわゆるレビューサイトのようなまとまりはありませんので、ご了承ください。 ネタバレも大いに含みます。気になる方はお戻りください。 ・8月7日の雨宿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ティラノフェス2019の終わりに。

こんにちは、九州壇氏です。 ティラノフェス2019、終わっちゃいましたね……。 今回プレイヤーとして楽しませて頂いていた僕は、寂しい気持ちでいっぱいです。 ティラノフェス2020があれば、また是非色々なゲームをプレイしたいです。 さて、今回僕がプレイした作品は全体の1/3ほどに過ぎません。 ただ、その中でも素晴らしいゲーム…
コメント:0

続きを読むread more

2020年の目標。

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。 制作者として、今年の目標を掲げておこうと思います。 ①「僕らのノベルゲーム」を2020年3月末までに完成させる。 ②合作「ショート100」の完成のために、できることをする。 ③新作の企画を練っていく。 ①、②は、もう散々言っていることですね(笑) 特に①は、なん…
コメント:0

続きを読むread more

2019年を振り返って

いよいよ今年も終わりますね。今回も例年通り、1年間の振り返りをしてみたいと思います。 今年は、創作活動にたくさん時間を使えた1年でした。と言いますのも、今年4月から別の仕事に変わったことで、生活にかなり余裕ができたんですよね。お給料だけでいれば昨年よりもけっこう増えているし、家族と過ごせる時間も増えたし、何より、精神的な余裕もある…
コメント:0

続きを読むread more

ティラノフェス2019感想まとめ

九州壇氏が読んで感想を書いた作品を載せておきます。 随時増えていく予定です。 現在の所、115作品を読了しています(2020年2月18日現在) ・↑(作者:都甲 石泥さん) ・5分で脳トレ! リフレッシュ・アハ体験(作者:冬紀さん) ・Are you ready?(作者:水瀬洸さん) ・BEAR(作者:shizukaさん) …
コメント:0

続きを読むread more

制作者である僕が、ブログで他者の作品の感想を書きにくいわけ。

本日は「制作者である僕は、どうして他者の作品の感想をブログに書きにくいのか」について、自分なりに考えたことを書いてみます。 僕はフリーゲームを制作しているのですが、感想をもらえるととても嬉しく感じます。 そのため、「感想は嬉しいものなんだから、自分も率先して他のフリーゲームの感想を書くようにしよう」と考えるようになり、このブログ…
コメント:0

続きを読むread more

「謝るなら、いつでもおいで」を読みました。

今回は、川名壮志さんの著書「謝るなら、いつでもおいで」の感想を書いていきます。 皆さんは、2004年に起きた佐世保小六女児同級生殺害事件をご存知でしょうか。当時小学6年生であった女児が、クラスメイトの女の子を学校で殺害したという事件です。 まだ小学生であった児童らに、一体何があったのか。 当時はかなり報道されていたことを僕もよ…
コメント:0

続きを読むread more

「ふしぎなキリスト教」を読みました。

本日ご紹介するのは、橋爪大三郎さん、大澤真幸さん著の「ふしぎなキリスト教」です。特定の宗教を信じておらず、また知識もあまり持たない僕ですが、教養の本としても大変興味深い本でした。特に、キリスト教が「西洋」を作る上でどのように役立ったか、という点は大変勉強になりました。 ただ、現在キリスト教を信じている方からすると、不快に感じる点もある…
コメント:0

続きを読むread more

「臨床の記述と「義」 -樽味伸論文集-」を読みました。

本日ご紹介するのは、樽味伸先生の著書「臨床の記述と「義」 -樽味伸論文集-」です。樽味先生といえば、「ディスチミア型うつ病」を提唱された先生としてよく知られています。九州大学医学部精神科で研鑽を積まれたこの先生が、33歳という若さで急死されたことを、僕は知りませんでした。若くして亡くなったこの先生の論文集が、本書になります。あくまで論…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「精神分析的心理療法の実践」を読みました。

馬場禮子著「精神分析的心理療法の実践」を読みましたので、感想を書いてみたいと思います。 本著書は、精神分析的心理療法をこれから始めて行おうとする方に向けた本です。心理学、心理療法に対する知識を読者がある程度有していることが想定されていると思います。しかし、著者が講義をするような形で進んでいくため、非常に読みやすいと感じます。初学者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成を振り返ってみました。

まもなく平成が終わる今日、皆様はいかがお過ごしでしょうか。 僕はというと、ファミレスでパソコンを開き、色々な作業をしているところです。アラサーになっても、自宅では作業に集中できないんですよね……。多分今後もそうなんだと思います。 さて、もうすぐ平成が終わり、令和が始まります。天皇はご存命であることもあってか、日本全体がなんだかお…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ショート100」のオフ会に参加してきました。

九州壇氏です。もうすぐ今年度も終わりですね。皆様、いかがお過ごしでしょうか。僕はというと、来年度から職場が変わる事になり、色々と忙しい毎日を送っています。 さて、ちょうど1週間前になりますが、「ショート100」企画のオフ会に参加してまいりました。すでに他の方もオフ会報告の記事を書いておられますが、僕もせっかくなのでブログに記録を残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノベルゲーム「贖罪と命」を読了しました。

今回は、「万年筆と神経毒」の神無月ミズハさんによるノベルゲーム「贖罪と命」をプレイさせていただきました。なかなか難解な作品であり、内容をしっかりと理解できた自信は全然ないのですが、自分なりに感じたことを書いてみたいと思います。 以下、ネタバレ注意。 ノベルゲーム「贖罪と命」は、弟を殺してしまった主人公の変化を描いた作品で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある青年との日々について。

本日は、仕事であった出来事を書いてみます。普段は仕事のことはあえて書かないようにしているのですが、先日印象的な出来事があり、どうしてもここに書いておきたくなったのです。もしよければ、少しだけお付き合いください。 その青年の事はY君と呼ぶことにします。Y君と僕は、彼の父親を通じて知り合いました。ある日、職場の同僚でもある父親から僕に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(ネタバレ注意!)「綾さんのお役に立たせて下さい!」を読了しました。

寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、「時の静寂ゲームの館」の龍海人さんによるノベルゲーム「綾さんのお役に立たせて下さい!」をプレイさせていただきました。これまた個人的な事情もあり、大変面白く読むことが出来ましたのでご紹介させて頂きます。 以下、ネタバレ注意。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(ネタバレ注意)「ななしのおろち秋」をプレイしました。

今回は、「BLUE AZALEA」の義弓くーさんによるノベルゲーム「ななしのおろち 秋」をプレイさせていただきました。これまでのシリーズの良さが継承されつつ、演出面では大きくパワーアップしていると感じました。以下、ネタバレ注意。 本作品は、「ななし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年の目標について

新年あけましておめでとうございます。今年の元旦はなかなか冷えますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 更新がすぐに途絶えがちになる僕ですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。 さて、今日は2019年の創作における目標を簡単に記しておくことにします。 ①「ショート100」の完成に尽力する。特に、「おまけシナリオ」をきちんと完成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年を振り返って。

2018年ももう終わりますね。今年はブログをあまり更新できませんでしたし、新作を発表することもできませんでした。ただ、水面下でいくつか重要な活動もしていましたので、そういうものも含めて今年を振り返りたいと思います。 創作活動について 今年は何といっても「ショート100」のウェイトが大きかったです。義弓くーさんがリーダーとなって行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノベルゲーム「親愛なる孤独と苦悩へ」をプレイしました。

久しぶりのブログ更新になりますね。今回はノベルゲーム「親愛なる孤独と苦悩へ」をプレイいたしましたので、その感想を述べたいと思います。ひとりで制作されたというのが信じられないほどの素晴らしい作品です。僕はというと、個人的な事情でかなり心に響くところがあって、大いに心を揺さぶられました。かなりの長文となりましたが、よろしければお付き合いくだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more