テーマ:小説

新作の進捗状況。

あけましておめでとうございます。今年も皆様、よろしくお願いします。 さて、年末年始は皆様いかがお過ごしだったでしょうか。九州壇氏は家族とゆっくり過ごしておりました。また、その合間を縫って新作「僕らのノベルゲーム」を制作しておりました。 本作は僕にとっては久しぶりの長編作品になります。これまでの反省も生かして、とにかく冗長にならな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新作制作中。

「眠れない夜に」をひたすら作っています。 年内公開が一応目標だけど、年末は忙しいですからね。今のうちにできるだけ進めておきたい。 ここ数日は、登場人物の練り直しとストーリー展開の骨組みを見直しています。 ここさえしっかりできれば、あとは比較的スムーズにいく・・・・・はずです。 以前の自分を超えるよう、頑張ります。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あけましたね。いくつか作品を読んでみました。

あけましておめでとうございます! 今年も、どうぞよろしくお願いします。 昨年は結局ほとんど更新できず・・・・・。なんだかすみません。 プライベートがどうのこうのという言い訳はできなくもないんですが、自分が学生のころは「働いても更新したいなぁ」と思っていたので、悔しく思う気持ちが強いです。おのれ、こんなはずでは・・・・・。 プラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最近ハマっていること。

皆さん、本当にお久しぶりです。こんなにもブログを放置したのは初めてでした。というのも、4月から大きく状況が変わったもので、うまく適応するのに時間がかかってしまっていました。 なーんか、昔思い描いていた「なりたくない制作者」になっている気がするなぁ……。いかん、いかん。 さて、ここ最近になって、状況的にも、精神的にも、ようやく一息…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

書く意味について本気出して考えてみた(2013年バージョン)

久しぶりの更新です。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。僕は転勤になりまして、今年度より職場を変えて働いています。好きなことを仕事にしているはずですが、当然嫌なこともあります。 早いところ一人前になりたいなぁ、と思いつつコツコツやる毎日です。 さて、ここから本題です。 大きく遅れてしまいましたが、今回も書く意味について本気出して…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

引っ越し準備中。

というわけで、部屋が段ボールだらけです。いるもの、いらないものを選別していますが、僕はなかなか物を捨てられないタチなので困っています。たぶん、ほとんどを段ボールに詰めてもっていくんだろうなあ……w 職場も移動になります。4月からは、自分のやりたいことに向かって突っ走っていく予定です。 慌ただしい毎日ですが、ノベルゲームを作るだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もっと、冷たくなれよ!

創作頑張ります、と書くとやる気が湧かず、もうだめです、と書くと妙にやる気が湧いてくる九州壇氏です。 と言いますのも。前回、もうだめだと書いたのですが、最近は「眠れない夜に」をかつてない速度で書いているんですよね。というわけで、いつもの逆を言っておきます。 いいペースで進んでいるように思いますが、多分完成しません。きっとだめです。期待…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

引っ越す前に。

雑誌に書いてあった「ニッチなメイクの疑問」が「エッチなメイクの疑問」に見えてしまった九州壇氏です。さらに言うと「メ」の字が見えなくなってしまったりしちゃって……。ダメなやつですみませんm(_ _)m  ちなみに「セイシュン真っ盛り!」の続編を作る予定です。……ウソですw さて、僕は4月に引っ越しをする予定になっています。しばらく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「制作者あるある」。

今年の初夢で、自分が「全裸ファッションショー」をしている姿を見た九州壇氏です。 確か初夢って、現実になるとかならないとか……。どうか皆さんも、今年の九州壇氏が「公然わいせつ罪」で捕まらないことを祈ってやってくださいw さて、新年あけて2度目の記事ですね。「眠れない夜に」は、コツコツ作っています。 休みの日に一気に作ると気持ちも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。2013年の元旦、みなさんいかがお過ごしでしょうか。僕が住む地域では雪が積もっています。 まずは、九州壇氏としての活動について。 今年は、読書体験とその感想を書くことを大事にしたいと思っています。 昨年、「エイトストーリーズ」を楽しく読ませていただきましたが、そこでであった作品たちに教えられまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年を振り返って。

またまた久しぶりのブログになってしまいすみませんでした。インフルエンザもぼちぼち出てきているようですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。九州壇氏は風邪をひいてしまいました。バカはなんとやら、というはずなんですけどね……。 さて、今日は2012年を振り返ってみることにしました。 まず、プライベートのことについて。ここでのご報告は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(ネタバレ注意!)エイトストーリーズプレイ後の感想まとめ。

エイトストーリーズの作者さん当てという楽しみが終わって少し時間が経ちました。結果は8個中5個は正解、3個は外れという結果でしたね。 答えあわせした直後は、喜びと寂しさ、そして恥ずかしさを強く感じているばかりでした。しかし、いくらか時間がたったことで少しは自己分析できる余裕が生まれてきました。今思うことを書こうと思います。 以下、ネタ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

(ネタバレ注意)答えあわせを終えました。

全てのルートをラストまで見ました。答えあわせの結果は……、うん、「笑ってしまう」ものでしたねw しかし、なんだかすがすがしい気分でこれを書いています。以下、ネタバレ注意でお願いします。 最終的に、5個はあてることができましたが、3個も間違えてしまいました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

(ネタバレ注意)「Novelers’ materialにようこそ!」の答えを変えました。

前回の記事のとおり、あいはらまひろさんが「半透明パレット」を書いたと予想しました。それはつまり、「Novelers’ materialにようこそ!」の作者さん当ての答えを変えるということです。ですから、あらためて「Novelers’ materialにようこそ!」の作者さん当てについて書いておかねばなりません。これでいよいよ最後です、気…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(ネタバレ注意)「半透明パレット」を読みました。

しばらく更新が遅れてしまいました。エイトストーリーズが公開されていくらか経ちましたが、いまだに答えを知らずに作者さん当てに奮闘している九州壇氏ですw しかし、ついに終わりが見えてきましたね。8つ目は、「半透明パレット」です。非常に好みの物語でしたし、その描き方の上手さに感嘆しました。そして、作者さん当てにたいへん苦労しましたw 以下、ネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後の最後で。

大苦戦しています。はい、エイトストーリーズのことです。 「半透明パレット」を読み始めたのですが、作者さんがはっきりと予想できません。「これは強い根拠になりそうだ!」と言えるひっかかりがあまりないんですよね。これまであげていない作者さんなのか、もしくは、これまでに名前をあげた作者さんの中にいるのか。 ……ひょっとすると、今までで1番自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(ネタバレ注意)「死神女の綺想曲」を読みました。

今日もエイトストーリーズの感想を書きます。本日は、7つ目の作品「死神女の綺想曲」についてですね。これも、非常に個性的な物語ですね。「出鼻をくじく」という点ではトップクラスの実力を持った作品だったと思います(「北○芝居」もなかなかのものでしたがw)。以下、ネタバレ注意です。 まずは…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

(ネタバレ注意)「恋はメビウス」を読みました。

エイトストーリーズもいよいよ6作目に手を出しました。今回は「恋はメビウス」を読ませていただきました。いつものように、感想、作者さん当てについて書いていこうと思います。 以下、ネタバレ注意。 まずは読者として読んだ感想を。 いわゆる「ループもの」の物語でした。史は、響が事故にあう前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(ネタバレ注意)「北○芝居」を読みました。

今日もエイトストーリーズの感想を。5番目は、「北○芝居」です。実は、この作品だけは、作者さんが誰かわかってしまいましたw しかし、おそらくは多くの方もおわかり、ですよねw 以下、ネタバレ注意。 いやはや、パワー溢れる作品でした。開始から登場人物のテンションが高くて、何が始まったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(ネタバレ注意)「彼女たちは兄の夢を見るか?」を読みました。

エイトストーリーズの感想も、半分まできました。これを読んでいる方には、すでに答えを知っている方も多いのではないかと感じます。そんな人にとっては、こんな記事は面白くもなんともないかもしれませんw しかし、何よりも自分が楽しいです。エイトストーリーズを楽しみに待っていたファンのひとりとして、最後まで続けていきたいと思います。 さて、本日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(ネタバレ注意)「Without you」を読みました。

かなり間が空いてしまいすみません。プライベートがやや忙しかったのですが、そちらも少し落ち着きました。引き続き、感想および作者さん予想を書いていきたいと思います。 今回は、「Without you」です。以下、ネタバレ注意でお願いします。 では早速、読者としての感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(ネタバレ注意)エイトストーリーズ「Novelers’ materialにようこそ!」を読みました。

少し時間が空いてしまい申し訳ありません。今回もエイトストーリーズについての感想、および作者さん当てをしたいと思います。2番目は「Novelers’ materialにようこそ!」です。一言で言いますと、非常にレベルの高い物語でした。同じ作者として羨ましさを覚えるほどに力を持っている作者さんだと感じます この作品については、作者さんが誰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(ネタバレ注意)エイトストーリーズ「Edge of the world」を読みました。

本日よりさっそく作者さん当てに入りたいと思います。 エイトストーリーズの分岐を読んでいく順番についてなんですが、ここはフェアに一番上から読んでいくべきかなと考えました。というわけで、今日は「Edge of the world」を読んでみました。形式としては、いつも通りの形、つまり、読者として、作者として感想を述べた上で、誰だと思うかを…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「エイトストーリーズ」が公開されました。

タイトルの通りです。楽しみに待っていたのは僕だけではないでしょう。仕事から帰るなり、さっそく読んでみています。 共通ルートは、NaGISAさんが書かれています。相変わらず、非常に読みやすい文体ですし、キャラクター造形も嫌みがなく、媚びてもいないというテイストです。「交通標識か!」との発言も含め、NaGISAさんらしい文章だな、と感じま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「エイトストーリーズ」の作者さん達について。

「エイトストーリーズ」を楽しみにしております九州壇氏です。 とりあえず、参加される作者さんの作品を全部読み終わったところです。 作者さん当てをすると公言している以上、それぞれの作者さんの特徴を把握せねばなりませんから。 「エイトストーリーズ」が公開されれば、「この部分を読んで、○○さんだと考えました!」と推測していくつもりです。し…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

「乙女心と夏の空」のテニスのシーンについて少し書いてみます。

ようやく涼しくなってきましたね。夜が寝やすくなって上機嫌の九州壇氏です。 さて、今日は久しぶりにテニスをしてきました。というのも、昨日「最近、筋力が落ちてきたよな」と感じるような出来事があって、急に体を動かしたくなったのです。 少し車を走らせたところに、オートテニス(野球のバッティングセンターにあたる)がありますので、そこで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「エイトストーリーズ」を読むにあたって。

ブログの更新がすっかり落ちてしまっている九州壇氏です。とはいえ、プライベートがものすごく忙しいわけではありません。ものを書くことに対して必要以上に慎重になっている自分がいるんですよ。書くことからは離れたくないな、と思っているんですがね。 ノベルゲームをプレイすることからも離れてしまっているな、と思っていたところ。期待していた新作が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

NaGISAさんにお会いしてきました。

9月に入り、少し涼しくなりましたね。みなさんいかがお過ごしでしょうか。九州壇氏は本日より夏休みに入りました。やりたいこと、やらねばならないことがたくさんあります。休みだからこそ早起きを、の精神で頑張ろうと思います。 さて、今日はプライベートについてご報告を。といいますのも、先日NaGISAさんにお会いしてきたのです。 舞い上がっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ぼんやりと感じること。

最近、「時間がない」、となんとなく感じています。 いや、別に何かイベントがあったわけではないんですが。 「自分が生み出すことのできる作品の数には限りがあるのだ」 という当たり前を、なんとなく実感してきました。 もちろん、作品作りに対して変に焦る必要は全くありません。 そんな感情は「やりたいことをとことんやる」という自分のモ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more