引っ越し準備中。

というわけで、部屋が段ボールだらけです。いるもの、いらないものを選別していますが、僕はなかなか物を捨てられないタチなので困っています。たぶん、ほとんどを段ボールに詰めてもっていくんだろうなあ……w 職場も移動になります。4月からは、自分のやりたいことに向かって突っ走っていく予定です。 慌ただしい毎日ですが、ノベルゲームを作るだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もっと、冷たくなれよ!

創作頑張ります、と書くとやる気が湧かず、もうだめです、と書くと妙にやる気が湧いてくる九州壇氏です。 と言いますのも。前回、もうだめだと書いたのですが、最近は「眠れない夜に」をかつてない速度で書いているんですよね。というわけで、いつもの逆を言っておきます。 いいペースで進んでいるように思いますが、多分完成しません。きっとだめです。期待…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

引っ越す前に。

雑誌に書いてあった「ニッチなメイクの疑問」が「エッチなメイクの疑問」に見えてしまった九州壇氏です。さらに言うと「メ」の字が見えなくなってしまったりしちゃって……。ダメなやつですみませんm(_ _)m  ちなみに「セイシュン真っ盛り!」の続編を作る予定です。……ウソですw さて、僕は4月に引っ越しをする予定になっています。しばらく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「制作者あるある」。

今年の初夢で、自分が「全裸ファッションショー」をしている姿を見た九州壇氏です。 確か初夢って、現実になるとかならないとか……。どうか皆さんも、今年の九州壇氏が「公然わいせつ罪」で捕まらないことを祈ってやってくださいw さて、新年あけて2度目の記事ですね。「眠れない夜に」は、コツコツ作っています。 休みの日に一気に作ると気持ちも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。2013年の元旦、みなさんいかがお過ごしでしょうか。僕が住む地域では雪が積もっています。 まずは、九州壇氏としての活動について。 今年は、読書体験とその感想を書くことを大事にしたいと思っています。 昨年、「エイトストーリーズ」を楽しく読ませていただきましたが、そこでであった作品たちに教えられまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年を振り返って。

またまた久しぶりのブログになってしまいすみませんでした。インフルエンザもぼちぼち出てきているようですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。九州壇氏は風邪をひいてしまいました。バカはなんとやら、というはずなんですけどね……。 さて、今日は2012年を振り返ってみることにしました。 まず、プライベートのことについて。ここでのご報告は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりですみません。

すっかり寒くなりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。久しぶりの更新になってしまいすみません。九州壇氏、冬を楽しんでおります。 最近していることとして、お歳暮や年賀状の準備があります。こういうことって確かに面倒くさいんですが、準備することで「もう今年も終わるのだな」と実感しますね。実のところ、子供のころは「こんなイベント、店…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ただいま製作中。

生存報告のような記事になってしまい申し訳ありません。ただいま、新作「眠れない夜に」を制作中です。 いかにも僕らしい作品になりそうです……。 完成近づけば、再度連絡します。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

(ネタバレ注意!)エイトストーリーズプレイ後の感想まとめ。

エイトストーリーズの作者さん当てという楽しみが終わって少し時間が経ちました。結果は8個中5個は正解、3個は外れという結果でしたね。 答えあわせした直後は、喜びと寂しさ、そして恥ずかしさを強く感じているばかりでした。しかし、いくらか時間がたったことで少しは自己分析できる余裕が生まれてきました。今思うことを書こうと思います。 以下、ネタ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

(ネタバレ注意)答えあわせを終えました。

全てのルートをラストまで見ました。答えあわせの結果は……、うん、「笑ってしまう」ものでしたねw しかし、なんだかすがすがしい気分でこれを書いています。以下、ネタバレ注意でお願いします。 最終的に、5個はあてることができましたが、3個も間違えてしまいました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

(ネタバレ注意)最終予想と、今感じていること。

ついにここまで来ました。全作品の感想、および作者さん当てを書きましたので、ここで最終予想を書いてみます。以下、ネタバレ注意です。 「Edge of the world」―――おかゆさん 「Novelers’ materialにようこそ!」――…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(ネタバレ注意)「Novelers’ materialにようこそ!」の答えを変えました。

前回の記事のとおり、あいはらまひろさんが「半透明パレット」を書いたと予想しました。それはつまり、「Novelers’ materialにようこそ!」の作者さん当ての答えを変えるということです。ですから、あらためて「Novelers’ materialにようこそ!」の作者さん当てについて書いておかねばなりません。これでいよいよ最後です、気…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(ネタバレ注意)「半透明パレット」を読みました。

しばらく更新が遅れてしまいました。エイトストーリーズが公開されていくらか経ちましたが、いまだに答えを知らずに作者さん当てに奮闘している九州壇氏ですw しかし、ついに終わりが見えてきましたね。8つ目は、「半透明パレット」です。非常に好みの物語でしたし、その描き方の上手さに感嘆しました。そして、作者さん当てにたいへん苦労しましたw 以下、ネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後の最後で。

大苦戦しています。はい、エイトストーリーズのことです。 「半透明パレット」を読み始めたのですが、作者さんがはっきりと予想できません。「これは強い根拠になりそうだ!」と言えるひっかかりがあまりないんですよね。これまであげていない作者さんなのか、もしくは、これまでに名前をあげた作者さんの中にいるのか。 ……ひょっとすると、今までで1番自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(ネタバレ注意)「死神女の綺想曲」を読みました。

今日もエイトストーリーズの感想を書きます。本日は、7つ目の作品「死神女の綺想曲」についてですね。これも、非常に個性的な物語ですね。「出鼻をくじく」という点ではトップクラスの実力を持った作品だったと思います(「北○芝居」もなかなかのものでしたがw)。以下、ネタバレ注意です。 まずは…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

(ネタバレ注意)「恋はメビウス」を読みました。

エイトストーリーズもいよいよ6作目に手を出しました。今回は「恋はメビウス」を読ませていただきました。いつものように、感想、作者さん当てについて書いていこうと思います。 以下、ネタバレ注意。 まずは読者として読んだ感想を。 いわゆる「ループもの」の物語でした。史は、響が事故にあう前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(ネタバレ注意)「北○芝居」を読みました。

今日もエイトストーリーズの感想を。5番目は、「北○芝居」です。実は、この作品だけは、作者さんが誰かわかってしまいましたw しかし、おそらくは多くの方もおわかり、ですよねw 以下、ネタバレ注意。 いやはや、パワー溢れる作品でした。開始から登場人物のテンションが高くて、何が始まったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(ネタバレ注意)「彼女たちは兄の夢を見るか?」を読みました。

エイトストーリーズの感想も、半分まできました。これを読んでいる方には、すでに答えを知っている方も多いのではないかと感じます。そんな人にとっては、こんな記事は面白くもなんともないかもしれませんw しかし、何よりも自分が楽しいです。エイトストーリーズを楽しみに待っていたファンのひとりとして、最後まで続けていきたいと思います。 さて、本日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(ネタバレ注意)「Without you」を読みました。

かなり間が空いてしまいすみません。プライベートがやや忙しかったのですが、そちらも少し落ち着きました。引き続き、感想および作者さん予想を書いていきたいと思います。 今回は、「Without you」です。以下、ネタバレ注意でお願いします。 では早速、読者としての感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「without you」を読んで仰天したこと~ちょっと休憩~

エイトストーリーズで作者さん当てに夢中になっている今日この頃。 「絶対に答えを知らないままで予想するぞ!」と心に決めて読んでいます。 そんな僕に心臓が止まるかと思ったほどのできごとが。「without you」を読んでいたときのことです。序盤でいきなり「writer」の文字が。しかも、その下には あいはらまひろ 藍恋 と作者さ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more