(ネタバレ注意)答えあわせを終えました。

全てのルートをラストまで見ました。答えあわせの結果は……、うん、「笑ってしまう」ものでしたねw
しかし、なんだかすがすがしい気分でこれを書いています。以下、ネタバレ注意でお願いします。




















最終的に、5個はあてることができましたが、3個も間違えてしまいました。間違えてしまった作者さんには、けっこう失礼なことをしてしまったように思います。すみませんでした。
実のところ、もう少し合っているように思い込んでいたので、少しだけ残念な気持ちがありますw 言われてみると、「半透明パレット」は「魔法使いカラオケにゆく」にかなり近い雰囲気がありますよね。そこだけは、「ひょっとすると気が付けたかもしれない」と思います。後悔する気持ちがないわけではありません。

しかしですね、それをはるかに上回るほどにすがすがしい思いでいます。迷った末の答えが違っていたのなら後悔もありましょう。しかし、「これはあっているんじゃないかな」と考えていたところが違っていたので、「まあ、ここまで間違っていれば仕方がないな」と感じています。特に、「Edge of the world」の作者さんの名前を見た時には本当にしばらく笑いが止まらなくなりましたw 正直に言うと、微塵にも疑っていなかったのです。まあしかし、おまけを見ると「なるほど、そういう経緯でこの作品が生まれたのか」と納得できましたけどね。
「彼女たちは兄の夢を見るか?」も間違えてしまいましたが、これも、自分の限界だったなと納得しています。もう一度ゆっくりと「グラディエイターズ」を読んで比べてみることにしましょう。
以上、答えあわせが終わった直後の感想でした。
それにしても、各作品のラストを見られてよかったです。すごく気になるところで終わっていた物語もあったので、あらゆる意味ですっきりとしました。菜の花畑で笑う史が好きです。ゆかり戦隊、大好きです。でも、ゆなみはもっと好きですw

あとでゆっくりと振り返って、総まとめみたいな記事を書いてみようと思いますが、ひとまずはここで一区切りですね。ここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました! そして何より。制作者の皆さんには心より感謝しています。素敵な作品をありがとうございました!

ノベルゲーム感想一覧」へ
このブログについて」へ

"(ネタバレ注意)答えあわせを終えました。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント