「ふしぎなキリスト教」を読みました。

本日ご紹介するのは、橋爪大三郎さん、大澤真幸さん著の「ふしぎなキリスト教」です。特定の宗教を信じておらず、また知識もあまり持たない僕ですが、教養の本としても大変興味深い本でした。特に、キリスト教が「西洋」を作る上でどのように役立ったか、という点は大変勉強になりました。 ただ、現在キリスト教を信じている方からすると、不快に感じる点もある…
コメント:0

続きを読むread more