ふりーむ!コンテストで「健闘賞」を頂いて。

先日、第12回ふりーむ!コンテストの結果発表がありましたが、僕の最新作である「眠れない夜に」が健闘賞をいただくことができました。
これも、普段から支えて下さっている皆様のおかげです。
まことに、ありがとうございました。

第12回ふりーむ!コンテスト結果発表

「眠れない夜に」のダウンロードはこちらからどうぞ

さて、せっかくなので受賞の感想も書いておきます。
一定の評価をしてもらえたという事実は、やはり嬉しいですね。「楽しい」、「わくわく」等の表現が当てはまりにくい作品ですので、受賞への期待はあまりしていませんでした。長く続けていることへのご褒美をもらったような、そんな気分です。

ただ、これで浮かれてしまってはいけないという思いも強いです。あくまでこれは、今回の評価者のお気に召したというだけの話であって、「なりたい書き手に近づけているのか」とは無関係ですので。
嬉しさから思考停止しないようにという自戒の意味も込めて、今日は敢えて「眠れない夜に」で得た反省を書いておきます。
ありがたいことに、「眠れない夜に」は多くの感想、批評をいただけた作品になりました。ただ、1番大切なのは「こうしたご意見をどう今後に生かすか」です。これは、制作者自身で考えるしかありません。
僕は、「眠れない夜に」に対する意見を分析して、次のように反省しました。

<良かったと思えるところ>
・夜がもつ、非日常的な雰囲気はある程度出せたのでは。一夜の物語として構成したのも成功だったと思う。
・中盤以降は、展開でうまく読者を引き込めたようで良かった。
・伏線の張り方、また、明らかになっていく過程は良かったのではないか。

<修正すべきだと考えたところ>
・序盤の引っ張りが足りない。淡々としすぎていて、「これは面白そうだ」と思わせる要素が少ない。故に、退屈に感じさせてしまった。では、修正案は? ・・・・・・たとえば主人公がヒロインに「今日は面白いところにつれていってやるからな。期待しとけよ」と告げる等があるだけでも少し違ったのでは。読者も「そんなことを言うなら、もう少しついて行ってやるか」という気分になったかも(笑)
・それも含めて、もう少し「面白そう」と思わせる説明文を準備したほうがいい。行き先が分からないと、読者は不安になるし、「プレイしてみよう」という気にならない。
・写真素材については一考を要する。携帯電話のカメラで撮っているので、画質が悪いものがある。夜景は三脚を用いて撮れば良かった。
・登場人物への親しみがわきにくいのでは。人によっては、真面目すぎるという印象を受けるだろう(本作品ではそれが良い方向にも働いていたとも思うけど)。
登場人物をどう描くかと考えることは、僕の最重要な課題のひとつ。

こうした反省を胸に、次回作の制作に向かおうと思います。
次回作は、高校が舞台の物語です。まだ構成を練っている段階ではありますが、これまで以上に自分の実力が試される作品になりそうです。
ただ、幸いなことに、「今後はもっと良いものを作れるのではないか?」と楽観視できている自分もいます。
今回の幸運も励みにして、頑張っていきたいと思います。
皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック